コンセプト

多くの発明は、登録されても最終的には人に知られず、未使用のまま放置されますが、それは資金的なリソースが足りなかったり、企業としての力量が限られていたり、市場の状況が思わしくなかったり、その他さまざまな要因によります。

よくある話ですが、商業的な実現化が行われないままの特許の価値を最大限に生かす最良の方法は、単にその特許が戦略的な意味を持つ第三者にこれを売却するだけのことです。なぜなら、定評ある先端技術企業が所有する幅広いIP一覧の一部となれば、特許は強力な戦略的資産になり、それぞれの市場の分野におけるその会社の競争的な地位を高めるために大きく貢献できることが多いからです。

でも、小規模な、または中規模な新興企業がうまく、そして利益を上げながら最高入札者に自分の特許を売ることができる機会はどのようなものなのでしょうか。

IPTradeは、イスラエルの技術に由来した知的財産の潤沢な宝庫を才能ある発明者である依頼人のために世界に放出する水門の出口としての役割を担っています。